インディーズバンドのライブを見るのが好きで、時間があるとふらっとライブハウスに遊びに行くのですが、

そんな中でどうしても理解出来ない事があります。

商品の扱いが異常に”雑”

ちゃんとデザインしてパッケージされているバンドもいるが、結構な比率でこんなバンドがいます。

haifu

“無料配布”だからお金がかけられないのかも知れません。
デモ版だからなのかも知れません。

でも時間をかけてレコーディングした自分達の『作品』であり『商品』である”CD”。

もう少し外見にも拘って欲しいと感じてしまいます。

悲しくなるデモCD BEST3

3位:ケースのみ

case
ケースがあれば親切な方。

2位:不織布のみ

fusyoku
このパターンがとても多い。

1位:裸CD

balk
仕舞いにはCDバルクのまま。

裏紙に殴り書きで
「持ってけ、ドロボー」
と書いてありました。

あのバンドも昔は自主制作CDを販売してました

世界の終わり/SEKAI NO OWARI

自主製作フルパッケージ・プレス。

凛として時雨

自主製作でのデモCD-R。

パッケージやデザインの重要性

otya

どれも美味しいお茶ですがパッケージで抱く印象が違うのは私だけでしょうか。

重要なのは中身(音楽)です

でも、少しは『外見』にも拘って良いと思います。

周りにデザインが出来る友人はいませんか?

ネット等でも安い業者はあると思いますし、探せば周りにもデザインが出来る友達や知り合いがいるはずです。

多くの時間とお金を費やして作成した作品です。

作品が粗末に見えない様に工夫して、少しでも『良い形』で多くの人に届けて欲しいです。